らべる ぼっくす

アクセスカウンタ

zoom RSS 礫と轢とレキ

<<   作成日時 : 2006/08/28 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

『私がレキを救う、鳥になるんだっ!』

画像


「灰羽連盟」最終回のラッカのセリフです

この後ラッカはレキを救うため、一度出たレキの部屋にもう一度入った
扉を開ける瞬間まで流れている音楽がすごく印象的なシーンです

最終回は後半の終わりの方までレキとラッカの二人しか出ません
まるで演劇の二人芝居を見てるようです

「灰羽連盟」は不思議な作品です、
灰羽はどこから来てどこに巣立つのか
オールドホームのある壁に囲まれた街は何を象徴しているんでしょう
どこかしら宗教色の強い話と思ったけど、そうでもないみたいだし

一番の謎は話師だ、
あのデザインには驚きです。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
灰羽連盟 第13話
レキのアトリエは、心の苦痛を感じさせる世界であった。その部屋でラッカはレキに今までよくしてもらった思いから、今度はすみつきのまま灰羽の世界から去ろうとするレキをなんとかしようとするが、レキは今までラッカには見せた事のない表情でラッカが傷つく言葉を発し、ラッカはなにも出来ずに部屋を出た。ところがラッカは、レキの部屋で日記を見つけ、読んでいるうちに自分が繭に入っていた時にレキが自分に話しかけている姿を思い出し、それから自分に対するレキの愛情を感じ、揺るぎない決意は固まった。 ...続きを見る
White wing
2006/08/28 23:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、
日記のシーンで流れている曲は、第一話でも流れていましたね。
視聴後しばらくはあの曲を聴くだけでパブロフの犬のように涙ぐんでいました。
さすがに今はもう大丈夫ですが (笑)

>灰羽はどこから来てどこに巣立つのか
これって人間にも言えることかもしれません。
人はなぜ生まれるのか? どこへ向かうのだろうか?
そして自分は何をすべきなのか?
灰羽というものを出してファンタジーに仕上げているけど、
本質は人の心の物語なんですよね。

>宗教色
死後の世界があって、そこでの魂の救済が存在しているような
宗教だとすべてあてはまる感じでしょうか?
仏教の人もキリスト教の人も、灰羽連盟に自分の宗教との類似性を
見つけだしているみたいです。

こんなのを作ってみました。暇だったら遊んでみてください。
・灰羽連盟の知識検定 - 初級 http://kantei.am/4456/
通りすがりの灰羽好き
2006/08/30 22:01
>通りすがりの灰羽好き様
コメント有難う御座います。
もう何年も前の作品にこれほどのコメントをいただけるのは感激です
知識検定・・・85点でした、お恥ずかしい
もう一度最初から見直します。
label(管理人)
2006/08/31 11:55
検定で遊んで下さったようで、ありがとうございます。
変な問題もあるので、3〜4年前に見てその点数なら十分ですね。
実はあの問題は黄色の意味を知ってもらうために作ったのでした。

灰羽連盟は思い入れもたっぷりある作品で、
いまだに心の中で輝き続けているんですよ。
灰羽を見るときは一人ずつの心情を考えながら見ると
より楽しめるように思います。おためしあれ。
通りすがりの灰羽好き
2006/08/31 20:10
わかりました、鈴の実の話も含めてじっくり観賞してみます。
label(管理人)
2006/09/02 14:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
礫と轢とレキ らべる ぼっくす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる